“『王様達の水晶のチカラはハンパない』展

むかーし、むかし、といっても10年位前だろうか、あれはたしか2008年くらい。

陶芸家「青木良太」は山を買った。

岐阜県土岐市にある人里離れた山だ。

 

山には掘れば沢山の「粘土」と、薪窯で焚く燃料の「木」があった。

「陶芸の材料」と「陶芸の燃料」をゲトったと思えば一生かかっても使いこなせない量だ。

そこから青木良太の山での冒険がはじまった。

 

大きなリュックの中に水を2リットル入れて、山に冒険に出た。

「新しい素材を求めての旅」だった。

 

数時間パトロールすると、急に生い茂ってた木が無くなり、あたり一面が白い鉱石の場所にたどり着いた。

「なんだ!?この神秘的な場所は!!」

驚きが隠せなかった。

そこは「水晶」が採れる場所だった。

あたり一面に水晶が転がっている。

厳密に言うと水晶になりきれなかった、石の塊りがいっぱい落ちていた。

 

リュックにパンパンにして下山し、窯に入れて焼いてみた。

とてもキレイな鉱物が焼きあがってきた。

そこから、水晶の器やオブジェのシリーズが出来上がっていく。

「この水晶自体とてもキレイだし。これも焼き物の作品である。」

この美しい水晶シリーズの「水晶」

ぜひ、皆さんにも楽しんでもらいたい。

 

山は私の師匠である。

いろいろ教わっている。

(因みに一回、自分の山で遭難して死にかけた。軽い気持ちで入ってはいけない師匠の懐でしたw)

 

「王様達の水晶」シリーズ。

自然のチカラは重厚でパワーがある。

ハンパないです。

 

そこで、スーパーサイヤ人陶芸家『加藤唐九郎』の文献に出てくるヤバいスポットにも出会った。

門外不出のタオツー(陶芸)素材がそこにはあった。

その話はまた今度にしよう。

 

陶芸家 青木良太

 

※最初に発表する作品は実験の要素が大きい。

だから今回は、ギャラリーへの卸値と同じ通常販売の60%の価格で提供させてもらいます。

 

並び替え:

聖なる水晶

2,592yen

Sold Out

聖なる水晶

3,240yen

Sold Out

聖なる水晶

38,880yen

聖なる水晶

38,880yen

黒水の水晶

2,592yen

Sold Out

黒水の水晶

6,480yen

Sold Out

黒水の水晶

12,960yen

貴公子の水晶

2,916yen

Sold Out

貴公子の水晶

2,916yen

Sold Out

貴公子の水晶

2,916yen

Sold Out

貴公子の水晶

5,184yen

Sold Out

貴公子の水晶

32,400yen

Sold Out

深海の水晶

2,592yen

Sold Out

深海の水晶

3,240yen

Sold Out

深海の水晶

9,720yen

Sold Out

女王様の水晶

2,592yen

Sold Out

女王様の水晶

3,240yen

Sold Out

王様の水晶

2,916yen

Sold Out

王様の水晶

2,916yen

Sold Out

王様の水晶

2,916yen

Sold Out

王様の水晶

5,184yen

Sold Out

王様の水晶

12,960yen

Sold Out

王様の水晶

12,960yen

Sold Out

王様の水晶

32,400yen

黒水の水晶

90,720yen

深海の水晶

64,800yen

王様の水晶

97,200yen