『LAVA Flower Vase』-花器という彫刻- 展

アメリカやヨーロッパで個展をすると、花器は彫刻作品として買っていかれる方が多い。

「これ家のどこに置こうかしら」

そう言ってイメージして買っていかれる。

オシャレな考え方だなーって感動することがあった。

 

しかし、昔の日本人も同じだなぁと思った。

家の床の間に花を入れなくても壺を飾ったりしている。

今はマンションやアパートの生活で床の間など無いが、もともと自分たち日本人もその感性はあったんだなと思う。

 

今回の一輪挿し。小さい作品は口が細くてお花を生けるのは難しい。

よほど細い茎なら入るかもしれない。

けど、もうそのまま飾ってみてもいい。

だってモノに存在感あるから。

 

小さな彫刻達。

自分の好きな場所に飾ってみてください。

 

久しぶりに作ったが、一輪挿しはカワイイね。

 

陶芸家 青木良太

 

並び替え: