『王様達のマグカップ』展

昨年12月から青木良太の新しい取り組みが始まった

「やきもの産地と食卓の未来を結ぶ」プロジェクト

 

数もっと多くの人に焼き物の魅力を知ってもらいたい

ずっと昔から、この思いがあった

しかし、いままでの青木良太が工房でつくるマグカップは、一個一万円以上してしまい高価なマグカップになってしまう

 

作品を見てもらったりして、魅力を知ってもらうこともいいが

やはり、やきものの器は使ってもらってこそ本当の魅力がわかる

 

青木はずーっと模索していた

その答えが昨年見つかった

 

「産業になろう」

 

青木が活動する美濃は美濃焼として世の中に知られている

美濃焼は日本の量産陶器の50%以上を生産している大窯業地である

そこの産業の人達と一緒に作品づくりをすることになった

 

「中学生でも買えるマグカップをつくりたい!」

この思いから第一弾の1,400円のマグカップ(PRET A LINE)が誕生した。

今回の展覧会では青木が得意とする「王様シリーズ」も発表します

是非、お楽しみください

 

並び替え: