『Lightful Light』展

9月のニューヨークは気候がいい。

7年前ニューヨークに行った時に大好きな街『Brooklyn』のストリートを歩いていた。

『Brooklyn』はマンハッタンにはない新しい文化が感じられる。

アンティークショップで見つけたのが『陶器のライト』であった。

スタンドライト、ペンダントライトなどが並んでいた。

それからマンハッタンの方でも陶器のライトを見かける。

「こんなに多くの種類が昔からつくられてるのか!」

しかし、あんまり欲しいと思えるものはそこにはなかった。

 

「いつか自分の陶器のライトをつくろう」

 

それから、ライトの構想を温め6年。

はじめてライトの制作をスタートした。

白い作品は釉薬の練り込まれた土でつくられている。

土なのに光りが透けるのが面白い。

『透光性』があるので光りがホンワカやさしくなる。

とても癒されるライト『Lightfull Light』が完成した。

 

昨年、シカゴの個展で初めて発表した青木良太のライト。是非とも皆様にも見てもらいたいです。

柔らかい光りが皆様の生活の一部に溶け込んでもらえると嬉しいです。

並び替え:

黄乳瓷ライト

162,000yen

Sold Out

黄乳瓷ライト

162,000yen

Sold Out

王様のライト

324,000yen

Sold Out

女王様のライト

302,400yen

Sold Out

王子様のライト

280,800yen

Sold Out

深海瓷ライト

259,200yen

Sold Out

真珠瓷ライト

259,200yen

Sold Out